厚生労働省 慢性疼痛診療システム普及・人材養成モデル事業-近畿地区-

ご挨拶

 近年、慢性の痛みに対して、集学的な慢性疼痛診療と診療連携の重要性が認識されるようになってまいりました。厚生労働省の慢性疼痛診療体制構築モデル事業が日本全国8地域で立ち上がり、地域の実情に応じた診療システムを構築し、人材養成が始まっています。令和2年度からは、慢性疼痛診療システム普及・モデ人材養成モデル事業と名称が変わり、慢性疼痛診療モデルをさらに各地域に広げていくことが期待されています。私たちは、集学的痛みセンターを各地域に構築し、さらに地域医療機関との連携を深めることで、痛みで苦しむ皆さんのQOLがよくなるよう取り組みを進めております。

 慢性疼痛診療システム普及・モデ人材養成モデル事業―近畿地区―では、慢性疼痛患者の診療に携わる先生方を中心に、医療従事者同士の円滑な診療ネットワークを構築すること、地域医療機関の医療従事者のみならず介護従事者も対象に、痛みの診療やケアに関する治験・知識を広げる「医療者教育セミナー」の開催、慢性疼痛診療に従事することが期待される医療者が見学・研修を行うことの、2つを柱として、活動を行ってきました。今年度のセミナーは、with コロナ時代への対応として、ウェッブセミナー、ハイブリッドセミナーを中心に行っていく予定にしております。

 産業界、開業医、心療内科、集学的治療、頭痛診療、インターベンショナル治療、歯科口腔外科治療との連携に加えて、本年度は、地域医療介護連携を加えた8つの事業において、各領域の核になる先生方に御尽力いただき、長引く痛みで苦しむ患者さんや医療者にとって有用な地域医療機関とのネットワーク、医療者教育体制を構築していきたいと考えています。

 滋賀医科大学医学部附属病院、千里山病院、関西医科大学附属病院、大阪大学附属病院、兵庫医科大学附属病院、富永病院、京都府立医科大学附属病院、川崎医科大学附属病院などの慢性疼痛診療モデルとなる中心的施設で、集学的痛みセンターを構築していくことと共に、整形外科、麻酔科ペインクリニック、脳神経内科、心療内科、精神神経科、歯科口腔外科、地域のかかりつけ医など、様々な医療機関やそこで働く医療者が連携し、地域全体で一人の患者さんを支えられるような医療体制の構築を目指してまいります。

 慢性疼痛診療の大きな課題として、労働年代の慢性疼痛では、プレゼンテイズム(労働生産性の低下)の改善、復職支援、超高齢化社会において、高齢者の健康寿命延伸に貢献することがあげられます。

 慢性疼痛診療システム普及・モデル人材養成モデル事業が、領域を超えた多職種、多業種の協力のもと、今後の痛み医療構築のベースとなり、よい医療が構築できるよう、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

滋賀医科大学医学部付属病院ペインクリニック科 病院教授
福井 聖


9つの事業により地域・領域ネットワークを構築

慢性疼痛診療構築モデル事業ネットワーク
慢性痛に対する適切な診療

慢性的な痛みに対して適切な治療が出来ていますか?慢性疼痛診療構築モデル事業では、適切な診療が受けられるようにネットワークが充実しています。

慢性痛に関する情報提供

慢性の痛みは患者の生活の質を著しく低下させてしまいます。就労困難を招く等、社会的損失が大きい為、正しく痛みと向き合う必要があります。

医療者の研修

諸外国においては慢性疼痛診療が確立されていますが、国内では痛みを専門とする診療体制や制度、人材育成・教育体制がますます必要とされています。

最新インフォメーション

2021.8.27更新 セミナー募集開始いたしました。
11/6 第1回開業医・リハビリテーション療法士セミナー
→ お申し込みはこちら
11/14 産業医慢性痛セミナー
→ お申し込みはこちら
2021.8.20更新 セミナー募集開始いたしました。
11/28 集学的診療セミナー
→ お申し込みはこちら
2021.7.21更新 セミナー情報及び終了報告を更新いたしました。
2021.7.16更新 セミナー募集開始いたしました。
9/26 頭痛セミナー「いろいろな診療科で遭遇する片頭痛:彷徨う患者たちを救う!」
→ お申し込みはこちら
2021.6.18更新 モデル事業連携図を掲載いたしました。
2021.6.11更新 連携医療機関一覧を更新いたしました。
2021.6.4更新 セミナー終了報告を更新いたしました。
5/16「慢性痛に対する認知行動療法1日研修(共催)」
2021.5.28更新 セミナー募集開始いたしました。
有料録画配信 7/1~9/30「第8回 対談企画 【「痛い!」困りごとへの心理支援】セミナー(共催)」
→ お申し込みはこちら
2021.5.21更新 診療ネットワークを更新いたしました。
2021.4.2更新 令和2年度モデル事業最終報告書を掲載いたしました。

News Letter

・ News Letter Vol.1

事業報告書

・令和2年度モデル事業最終報告書 PDF1 PDF2

・令和元年度モデル事業最終報告書 PDF1 PDF2 PDF3

・平成30年度モデル事業最終報告書 PDF1 PDF2

・平成30年度モデル事業中間報告書 PDF

・平成29年度モデル事業報告書 PDF

 友だち追加